2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマン稼働の時間効率

kage

2013/09/12 (Thu)

スペシャルエピソードの一コマ。



DSC_0098.jpg



リアルに考えれば

こんな恐ろしいことないわな。





後ろから入○・・・以下自粛w

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村





怒り新党の新・3大シリーズが

面白すぎる!






パチンコを打っていた時は月100時間稼働なんてこともありましたが

今の立ち回りでは月45時間ほどです。

約700回転/hなので、約3万回転。

最近は写メ撮って演出見るようになったら

回すの遅くなったw



今年に入ってからハイエナ稼働のみにし

限られた時間と環境の中で

立ち回りを模索した結果

行くホール、時間、曜日を限定することで

高い動きになってきました。



サラリーマン稼働では

「時間」「環境」に制限があると思います。

これはほんと人それぞれで

時間は職業に大きく影響してくるだろうし

環境は地域性や店舗数によって変わるので

ほぼ変えようのない要素です。



そこで限られた時間と環境の中で

特に意識すべきことは

時間効率です。



安い台は打たない。

これは1台単位の話ではなく

時間効率的な視点で考えた話。



番長200G~

北斗800G~



どっち打ちます?

俺なら番長です。

理由・・・5分で消化できるから。

あと好きだからw

時間効率最強で時給ウマ。



北斗は通常Bの可能性もあるけど

トータルで考えれば明らかに時間効率が悪くて

時給では番長より下と考えます。



単純に1台の期待値では考えない方が

結果的に多くの台の消化に繋がり

時給も上がりますよね。



昨日先にいたエナーさんが

番長を確保した後に北斗に意気揚々と移動しているのを見て

そんなことを思いました。


俺は番長の後に

ミラクルマリン、攻殻2台と4台消化。

エナーさんは北斗ハマり中。

こういう差は年間で考えると結構でかいですね。



限られた時間と環境のサラリーマン稼働では

時間効率を高めることが収支に直結していきます。


高い動きって表現は

そんなことを指しています。



ただ好きな台だと

安くても打っちゃうんだけど♪

ネタがなくて

こんな戯言書いちゃったウヒヒーw



  
パチンコ・パチスロ ブログランキングへ

スポンサーサイト

この記事へのコメント

kage

ご無沙汰しております

事故待ちさんのブログも拝見しましたよ。

ところで、この記事なんですが、ちょっと驚きでした。
時間効率なんて考えたこと無かったので。

まず、マイホでは一日ホールに居たとしても、期待値プラスの空き台は数台あるかないか・・・

ゾーン狙いは、かからない時も多いけど、天井狙いなら確実に当たるじゃないですか。
この違いは大きいと思うんです。

本当にゾーン狙いの方が実用的なんですか?
そうか、あくまでも時間効率という面でなのでしょうか?

Posted at 04:05:14 2013/09/12 by せいじ

この記事へのコメント

kage

俺も毎回見てるわけではないですが三大シリーズは好きです。
最近やとサンボ使う格闘技選手のカラータイマーが面白かったwww

本編も結構考えさせられるものがありますし。
まあ意見が偏ってると感じることも多々ありますがwww

Posted at 05:18:27 2013/09/12 by めのくま

この記事へのコメント

kage

>せいじさん

まず初めに・・・
過去のコメントで「せいじ」さんのネームで投稿を探したのですが
該当者がいなくて
どこでご無沙汰だったかちょっとわかりません(汗)

北斗の天国の件での方でしょうか?
ごめんなさいね。

今回の記事は
番長のゾーンと北斗の天井との比較となりましたが
台の選択をする時の一つの考え方として
時間効率という考えがあるという意味合いになります。

>マイホでは一日ホールに居たとしても、期待値プラスの空き台は数台あるかないか・・・
この環境では打てる台から消化した方が良いと思いますが
今回の記事のような状況では時間効率を考慮した選択がベストだと考えます。

>ゾーン狙いは、かからない時も多いけど、天井狙いなら確実に当たる
この考え方は僕も同感な部分はあります。
例を挙げるとミリゴゼウスの
1400天井と300天井でしょうか。

300天井では50%は天井の恩恵がなく
最悪初当たりを得られないまま終わり
それが2連続、3連続の偏りをくらうと
期待値はプラスでも収支は地獄行きです。

個人のレベルではその偏りを均せるほどの試行回数はこなせないので
ヒキ(運)次第になり荒れますよね。
要はリスクの話になると思うんです。

期待値をプラスの稼働をしても
現実的には金になりませんから
初当たりを取るために確実な天井狙いを優先するっていうのもありかと思います。

ゾーンが実用的かというと
端的に考えるのではなく
状況に合わせて一番高い動きをするための
一つの判断材料と捉えていただければ幸いです。
結局総合力ですからね。

考察記事を書いたので
数字的な部分はそちらを参考にしてみてください^^

Posted at 21:18:41 2013/09/13 by ほそ

この記事へのコメント

kage

>めのくまさん

サンボの人は爆笑して見ていました。
もうあの回は最高傑作でしたよ♪

番組のコンセプトして
あのひねくれたような偏りある構成になっていると思うんですが
そこがまた面白さに感じます。

Posted at 21:22:21 2013/09/13 by ほそ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツアクセスランキング